復活が検討可能か

『ぷー』とキャンプ > 文化 > 復活が検討可能か

復活が検討可能か

民事再生という選択は住宅のローンも含む多重債務の問題に陥っている人々をターゲットとして、住宅を維持したままで金銭管理の面で再建するための法による謝金の整理の方法として平成12年11月にはじまった制度です。

 

この法律には、自己破産制度とは違って免責不許可となる要件がなく賭け事などで借金をした場合でもこの方法はできますし破産手続きが理由で業務停止になる危険のある立場で働いているような方でも手続きが検討可能です。

http://www.japa-net.co.jp/

破産の場合は、住んでいる家を残しておくことはできませんし、特定調停等では、借金した元金は完済していかなくてはなりませんので、住宅ローン等も返しながら支払い続けるのは現実問題として簡単ではないと思われます。

 

ただし、民事再生という手順を取ることができれば住宅ローンを除いた負債額は相当な金額を減らすことができますので、十分に住宅ローンなどを返しながらそのほかの借り入れ分を返していくようにできるということになります。

 

ただ、民事再生という方法は任意整理による手続きや特定調停といった方法とは異なりある部分だけの借り入れを除外して手続きを行うことは不可能ですし、破産手続きにおけるように借り入れ金がなくなってしまうということではありません。

 

また、別の解決方法と比べて複雑で期間もかかりますので、住宅のためのローンを持っていてマンションを手放したくないような時を除いて、自己破産等のその他の債務整理ができない際における限定された解決策とみなした方がいいでしょう。

 



関連記事

  1. 復活が検討可能か
  2. 中古車オークション代行カーズゴーゴー